2022年2月15日、Zabbix 6.0 正式版がリリースされました。LTS(Long Term Support)としては、約2年ぶりのバージョンアップです。ここでは、当社エンジニアがお勧めするZabbix 6.0 LTSで追加ならびに改善された機能について、ピックアップしてご紹介します。Zabbix公式サイトによる新機能の説明につきましては、こちらをご覧ください。

サービス監視への転換

Zabbix 6.0でもっとも注目すべき点はサービス監視機能の拡張かと思います。サービス監視という考え方自体は従来のZabbixからありましたが、Webインターフェースのメニュー項目としても独立したことからも、力の入れようがうかがい知れます。

従来のZabbixではリソースの使用率などの細かい監視項目に対するトリガーとして障害を検知する考え方が主流でした。今後はサービスを監視し、サービスレベルに異常がみられた場合はその根本原因を探る、といった利用方法への転換になると考えています。サービス異常の根本原因は新たに用意されたサービスアクションで通知できます。サービス監視をより利用しやすく有用なものとするため、以下のような機能が拡張されています。

  • トリガーベースからタグベースでのサービス分類
  • サービスへの重みづけ
  • サービス異常時の根本原因の通知
  • 多様な計算ロジックによるSLA定義やレポート機能

余談ですが、公式マニュアルのKey principles of a good template(良いテンプレートの主な原則)でも「サービス監視がもっとも重要であり、リソース監視はサービス異常の原因特定のため実施するもの」とされています。今後のZabbixの機能拡張は「サービス監視」を主眼として実施されていくことと思われますので、監視ツールを選定する際の重要なポイントになると考えています。

Zabbix ServerのネイティブHAクラスターサポート

Zabbix Server自身の機能でHAクラスターを構築できるようになりました。サードパーティー製のソフトウェアやHAクラスターオプションを利用せずにZabbix Serverの可用性を確保できます。

データベースの可用性確保を別途考える必要がありますが、クラウドサービスなどの高可用性データベースサービスが利用できる、オンプレミス環境で可用性確保済みのデータベースサービスを利用できる場合などは有用な選択肢になると思います。また、本機能の提供にあわせてZabbix AgentやProxyに対してもZabbix ServerのHAクラスターに対応した機能が追加されています。こちらはネイティブHAではない従来のHAクラスター構成でも有用な機能ですので、アップグレードの際はぜひ利用をご検討ください。

機械学習によるベースラインの算出と逸脱検知

機械学習アルゴリズムによるトリガー関数が追加され、ベースラインの計算と逸脱検知を容易に実施できるようになりました。それぞれのトリガー関数ではベースラインの算出期間を柔軟に設定できるため、例えば業務繁忙期のベースラインで逸脱を検知するといったことも可能です。追加されたトリガー関数は以下になります。

  • baselinewma:平均値の算出
  • baselinedev:偏差値の算出
  • trendstl:逸脱の検知

Kubernetes監視機能の追加

Kubernetes監視機能が追加されました。Kubetenes実行基盤をHTTPエージェントベースで監視することで、ノードやポッドを自動検出し、Zabbix Agentを導入することなく監視を開始できます。Kubernetes関連で提供される標準テンプレートは以下のとおりです。

  • Kubernetes API server by HTTP
  • Kubernetes Controller manager by HTTP
  • Kubernetes Kubelet by HTTP
  • Kubernetes nodes by HTTP
  • Kubernetes Scheduler by HTTP
  • Kubernetes cluster state by HTTP

監査ログ、セキュリティ機能の拡張

監査ログ機能が拡張されより詳細な操作や変更内容を追跡できるようになりました。ユーザーのログイン操作だけではなく、各ホスト定義やアイテム定義の追加、変更、削除やLow Level Discoveryで作成されたエンティティーなども記録されます。なお、本機能の拡張に伴ってデータベースのテーブル構造が大幅に変更されているため、以前のバージョンからのアップグレード時に監査ログはいったん失われますのでご注意ください。また、Zabbix Webログイン時のパスワードに文字長や複雑性を強制できるようになっています。

Zabbix Agent/Agent2の機能拡張

Zabbix Agent/Agent2の機能が拡張され、監視できるアイテムが増えました。また一部のLow Level Discoveryアイテムに関してもマクロのサポートが追加され、より利便性が向上しています。

Zabbix Agent2に関しては

  • 再コンパイルなしでのプラグインロード
  • ウェブサイト証明書のネイティブ検証

も追加されています。

ベンダー機器用テンプレートの追加

著名なベンダー機器用の監視テンプレートが追加され、これらのベンダー機器の監視を容易に開始できるようになっています。

  • Cisco ASAv
  • Cloudflare
  • Dell PowerEdge
  • f5 BIG-IP
  • GridGain
  • HPE ProLiant servers
  • InfluxDB
  • Kubernetes
  • Mikrotik
  • NGINX Plus
  • pfSense
  • Systemd
  • Travis CI

また、Webhook統合機能によりGithubへのIssue登録も可能になりました。

その他の変更点

正規表現としてPCRE2が利用可能になりました。より柔軟な正規表現の利用が可能です。従来のPCREとPCRE2のどちらが利用可能かは利用OSディストリビューション用に用意されるパッケージ毎に異なりますのでご注意ください。

注意点

バージョン6.0になり、ますます便利に使いやすく高性能で魅力的になったZabbixですが、サポート対象のデータベースが変更になりサポート対象外のデータベースバージョンではデフォルトで起動しないようになりました。6.0でサポートされるデータベースバージョンは以下のとおりです。

DBMSバージョン
MySQL/Percona8.0.X
MariaDB10.5.X-10.6.X
PostgreSQL13.X
Oracle19c-21c
TimescaleDB2.0.1-2.3
SQLite3.3.5-3.34.X

また、4.0から非推奨となっていたアイテム名中の位置マクロ($1, $2…$9)やユーザーマクロが利用できなくなりました。稼働自体は可能ですがZabbix Webやメール通知での表示は変換されなくなりますのでご注意ください。

上記のように、バージョン6.0を採用する場合やバージョンアップを検討する場合において、注意するべき点があります。特にバージョンアップにつきましては、十分な調査と検証の上で実施してください。


株式会社アークシステムはZabbix Japan LLCの認定パートナー企業です。
Zabbixに関する製品・サービスの販売に加え、Zabbix関連サービスの提供をしています。
(2018年度からZabbix認定パートナー幹事企業の1社として活動しています。)

運用管理技術のプロフェッショナルであるアークシステムが
Zabbix環境におけるさまざまな課題を解決いたします

当社の価値はお客様のビジネスを支える高度なIT技術や運用基盤の提供にあります。
お客様の課題や問題意識を受け止め、IT戦略/企画の立案、実行性のある計画作成から運用整備とデリバリーまで、さまざまな形態のサービス提供をしています。これまで培った運用管理技術とZabbix技術の豊富なノウハウと実績をもとに、実運用に耐えうる高品質なZabbix環境の構築や課題解決をいたします。